764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

与論町障がい児(者)面会旅費補助の申請からその後

お得情報
スポンサーリンク

新学期も始まり、新生活をスタートさせウキウキしている人、早速ブルーになってる人。

 

私は、今のところウキウキしていますw

 

 

新学期が始まって数日後、長男は一人奄美へと戻っていきました。

初めての一人飛行機旅です!

きっと不安もあっただろうけど、やりとげて大きな自信になったんじゃないかな。

 

 

 

奄美と与論の往復、毎回帰省の旅にしていますが。

これってなにげに大きな出費なんですよね。

 

島に養護学校がない、十分な教育体制がない、ということで奄美の学校に進学したわけですが。

 

さすがに、毎回迎えて送り届ける、で10万ほどとなると。。。。

きついものがあります。

 

そこで、賢く使える制度は使っちゃおう!ってことです。

 

 

与論町の制度で、障がい施設面会旅費補助というものがあります。

 

これは、特別支援教育保護者会の働きかけで、町の議題にかけられ、通った制度だそうです。

とてもありがたいことです。

 

 

奄美群島内だと、一回2万円の補助。

鹿児島、沖縄だと一回3万円の補助だそうです。

 

どちらも年度内で6回まで。

 

面会の際にかかった旅費などの領収書が必要と聞いていたのですが、いらないそうです。

 

与論町役場から、様式をもらい、施設で面会証明をもらってくるだけでいいそうですよ。

面会のついでに、事務所に立ち寄って記入してもらうだけですからね。

 

そして、与論町役場にて提出。

 

 

提出の際に、さらに申請手続きが必要になります。

 

その後、気になるのが手続きをしてからどれくらい経つと振り込まれるのか?ですよね。

 

今回、まとめて手続きしたものが5回分。

あとから遅れて手続きしたものが1回分。

 

先にした5回分のものからちょうど一か月くらいたってから、4回分が振り込まれました。

なぜに、4回分?

と、疑問。

 

1回分は、認められなかったのでしょうか?

 

最後に申請したものは年度ぎりぎりだったので、さらにもっと時間がかかるかもしれないですね。

 

入金のタイミングがゴールデンウィークの面会のタイミングと会えば非常に助かりますけどね~。

 

 

申請手続きをしてみて思ったんですけど。

やはり、行政は支払うものに関しては遅い気がします。

 

請求は即来るんですけどねw

どうにかなりませんかね、この仕組みww

 

 

短期間のバイトでだいぶからだを壊してしまったようで。

胸というか肺が痛むことが増えました。

 

大好きな運動は、休み休みしますけどw

外での仕事はやはりできないですね。

おうちの中で、ストレスなく働くことがいちばんです。

 

 

ということで、毎月決まったお給料というものがないので、こういった補助は迅速な対応を望みます!ww

肝心の、面会のときにお金がなくて行けない、という事態だけは勘弁したいところ。

 

 

助成金、補助金、手続きしたらすぐ入るとは思うなかれ。

「一か月くらいかかるはず」という意識ではやめの行動をおすすめしますよ~^^