764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

お気楽主婦の在宅ワーク

仕事
スポンサーリンク

主婦って、案外時間ないと思いませんか?

 

家のことしたり、家族のことで自分のことにはなかなか時間が回せなかったり。

 

それでいて、がっつりお外で仕事をしたらなおさらですよね~。

 

みなさん、どんな時間のやりくりをしてるんでしょうか?

頭があがりません。

 

 

スポンサーリンク

主婦のお給料?

主婦ってそもそも、労働だと思うんですよね。

「お給料」のない労働。

 

旦那さんが働いてお給料を稼いできてくれても、そこから自分へのお給料が出るわけじゃないじゃないですか。

そんなことができるくらいに稼いでる旦那さんがいるなら幸せですよね。

 

我が家を含め、ほとんどのご家庭がそんなはずがないんですよ。

 

働いた分しっかりお給料がもらえる旦那さん、奥さんのことちゃんといたわりましょうね。

ただ働きと同じですからね、主婦って。

 

 

生活費は給料じゃない

男の人って、自分の稼いだ給料がそのまま残ってるって錯覚する人案外多くないですか?

そんなこと思ってる人、どうやってどこからのごはんを食べてるんでしょうかね。

 

うちの父もまさにそのタイプでしたね。

母が愚痴ってたのをよく覚えてますw

 

 

そして、生活費として家計に入れたからと言って、主婦の給料でもお小遣いでもないんですよ。

ただの、家族にかかる経費ですからね。

すなわち、稼いだ本人もそれでごはんを食べてるんです。

 

自分の口に入ったのに、

「俺の稼ぎはどこいった!!」

とか、死んでも言わないでね。

 

 

主婦も働きたい

共働きが出来たら、主婦だって自由なお金が手に入るんですよ。

まぁ、家庭それぞれですけど、少額でも自分に使えるようになるわけですよね。

 

それをさせないで、家の中に閉じ込めて自分の親のことさせたり島だと畑作業させたり。

お金にもならないことばかりさせたりするのはちょっとどうかな?と。

 

世代による考え方の違いもあると思うんですけど、私は主婦も働いた方が世界も広がると思ってます。

 

 

なにより、自分のお金がほしい。

そして、自分も偉そうにしたいww

 

 

お気楽主婦が考える働き方

主婦の働き方の代表は、短時間の労働。

いわゆる、「パート」ですよね。

 

パート勤務で十分だと考える主婦の方が多いのかな?

まぁ、旦那さんの扶養内で働くならこの選択支ですよね。

 

私は、稼げるならいくらでも稼ぎたいのでこの働き方はちょっと向いてない出す。。。。

 

 

お気楽=在宅ワーク?

在宅ワークっていう響きに惹かれませんか?

私は、大いに惹かれます。

 

だって、外に出なくていいんですよ?

出勤せずに仕事ができて、なおかつ稼げるんですよ?

 

こんな幸せなことないじゃないですか!

 

でも、これも人それぞれの考え方ですよね。

在宅ワークというと、フリーで自分で仕事を確保していかないといけないですから。

 

決まった給料がもらえるなんていう「安定」とはかけ離れた働き方ですよね。

 

それでも、私はこの働き方に魅力を感じてしまうんですよね~。

ほんとに、性格が男っぽいんですよね。

 

在宅ワークはフリーランスです。

大変なことがたくさん隠れてる働き方、ということを頭にいれておかないといけないですね。

 

 

私のこれからの仕事

去年、年末まで4年ほど続けた美容の仕事を辞めた私。

その後は、ご縁があって短期のアルバイトをしました。

 

それも、今月の初旬で終了。

 

さて、これからどうしようか?

 

 

ライターという選択

私は、書くことが好きです。

ブログも、このブログを含め3つ運営しています。

 

小学生のころから国語が好き、得意、作文が得意。

そんな過程を経て、やっぱり書くことが仕事になったら嬉しいと思っています。

 

ありがたいことに、webライターという肩書を名乗れる時代ですからね。

これからは、その道で頑張ってみようと思ってます。

 

クラウドソーシングに登録

いくつか、ライター専門のサイトや、大手2社のクラウドソーシングサイトに登録をしています。

 

そのなかで、利用歴のあるものが、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

です。

この2社は大手で有名ですよね。

 

ライター専門サイトと違う点が、フリーランス向けにいろんなジャンルの仕事が登録されているところ。

 

 

お仕事の提案(応募)をしてみたよ

気になる仕事、やってみたい仕事に応募してみました。

 

いくつか応募しましたが、ほとんどがライティングの仕事。

1件だけ、データ入力の仕事にも応募してみました。

 

応募締め切り後に選定されるそうです。

この中から、果たしてお仕事につながることがあるのでしょうか?

 

 

仕事はひとつじゃない

働き方も、仕事の種類もひとつに絞らなくていいと思うんです。

私みたいに、あきっぽい性格で次々いろいろチャレンジしたい人はとくに。

フリーランスっていうのがほんとに便利な働き方だと思うんです。

 

これからも、私はフリーランス(在宅メイン)でライティングやデータ入力に応募して仕事をしていきたい。

 

 

最後に、悩める主婦へ

ここのブログは、主に障がい児を抱えたお母さん向けの記事が多いです。

それは、私がその立場だから。

 

でも、そんなお母さんだからこそ働き方や仕事に悩んでる人が多いと思ってます。

 

実際、私がそうだったから。

 

障がいのある長男が小さかったころ、働きに出れず、お金にもすごく苦労した。

行政がそこまで面倒みてくれるわけでもなく。

 

だから、あの時代にもっといろんな知識があればよかったと思うんですよね。

 

あの頃は、

「在宅ワーク」っていうワードは、怪しさ満載だったんです。

検索してヒットするのは、ほんとに怪しいサイトばかり。

 

今は安全なもののほうが圧倒的に多いです。

 

心配なら、ぜひ

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

このふたつを検索してみてください。

 

ライティングも、データ入力もしたことなくてもとりあえず応募しましょう。

やれることは、きっとあるはず。

 

子供から目が離せないから、外に働きに行けない。

そんなお母さんにぜひ、利用してみてもらいたい。

 

在宅ワークは決してお気楽な働き方ではないんです。

自分で責任をもたないといけないです。

でも、その分やりがいもありますよ。

 

一緒に頑張ってみませんか?

 

 

という、応援の巻きww