764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

夏休み、終わりがすぐそこまで

与論島
スポンサーリンク

夏休みって、こんなに短いものでしたっけ?

 

そう感じるほどに、今年の夏休みはあっという間に過ぎていきました。

 

 

もう、一週間を切りましたね。

長男が、奄美に戻るのもカウントダウンが始まりました。

 

毎日、一緒にいることが当たり前になると、ただただ日々を過ごすだけになり。。

もう少しで、長男と離れ離れになることを現実として目の当たりにすると、後悔だらけになります。

 

長男は、養護学校高等部2年生。

高校生生活も半分が過ぎました。

 

この調子で、ささーっと卒業してくれるでしょうね。

 

これまでは、私が自宅で仕事をしていたので長男との時間も長く、寂しい思いをさせることもほとんどなかった。

でも、夏休み前から就職し、外で働くようになったので、現在はちょっと申し訳ない。

 

 

長男は、毎日確認するんですよ。

「明日、仕事?」

て。

 

仕事だよ、て答えると時間を聞いてきます。

何時から何時までの日だよ、と答えると納得。

 

長いようで短かった夏休み。

もう少し、長男といろいろ楽しむべきだったかな?

 

いや、でも【日常】こそが大事だよね。

特別なことなんてしなくていい、それが家族の日常。

 

長男は、毎日私のパソコンを使ってYouTubeを観て過ごします。

大好きなキッズ向けのチャンネルや、エイサーを観ています。

 

だいたい決まった動画を観るのに、毎回新鮮な反応をし、動画に向かってつっこみを入れたりw

毎日楽しそうw

 

 

一気に、卒業までワープしないかなぁ。

長男がずっと島にいて、毎日この笑顔が見れたらなぁ。

 

夏休み、あと一ヵ月あってもいいと思うけどなぁ。

 

 

仕事なんて始めるんじゃなかった、て思うよね。

長男と毎日家で過ごしていたかったなぁ。