764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

30代過ぎて毛穴や化粧ノリが気になってきた時のとっておきのアイテム

スポンサーリンク

こんにちは。ともみです。

美容に興味を持ちハタチで美容師資格を取得。あの頃は、スキンケアに時間をかけなくてもなんとかなっていました。

現在36歳ともなるとさすがに肌の乾燥を無視できなくなりました。洗顔後に化粧水つける方いますか?もちろん、いますよね。多分化粧水くらいはつけるっていう方多いと思うんです。では、乳液は?クリームは?

30代、乾燥がすすんだら

乾燥が進むと、急に焦り出して高価なスキンケア用品を買ったりしがちですが、主婦の私にはいまいち手が出せないので(辛いです)、なるべく安価だけれど質も良くきちんと役割を果たしてくれるものを、と探したんですよね。

乾燥の気になるときのアイテム

そこで、なんですが。ワセリンって、知ってますか?

よく見かける、商品名【ヴァセリン】て書かれてるものもワセリンです。

もちろんこの【ヴァセリン】でも十分に良いと思いますが、今回私がオススメするのは不純物がより精製された、通称【白色ワセリン】です。

ドラッグストアで500円しないくらいでした。とても買いやすい値段ですよね。手荒れあかぎれなどにいいらしいですね。ですが、私が買った目的はもっぱらスキンケア。

私は普段スーパーなどの化粧品コーナーで買える化粧水や、クリームを使っています。だけど秋冬は乾燥が進み潤い不足が気になり出します。そこで、気になっていたワセリンを買ってみたんです。

ワセリンの効果的な使い方

私がトライした方法は、夜お風呂上がりの肌に化粧水を2〜3回重ねづけし、ワセリンを手のひらに少しのせて、両手で温め、肌を包み込む。擦らず、ゆっくり手のひらの熱でワセリンをのせていくイメージで。

そして朝。この時期は洗顔料は使わず、水洗顔のみで洗い流します。夜と同じように化粧水を重ね、ワセリンを手のひらで温め肌を包み込む。

そしていよいよメイクですね。ワセリンをのせたあとは、肌がとても艶々っとしていてすっぴんでいたいくらいなのですが、年齢的にも多少のお化粧はしていたいもの(個人的にですが)。

ワセリンの艶と高い保湿力が下地代わりにもなり、そのままファンデーションをのせてもとてもノリがいいと感じます。私の場合はCCクリームタイプのファンデーションや、日によってはリキッドファンデーションを使用しているのですが、とても馴染みがいいです。

ワセリン使用後の肌の変化

私はワセリンを使うようになって、肌がしっとりもっちりしてきました。化粧水も、千円程の物を使っています。ワセリンは毎日使っても数ヶ月使える量が入っていますし、化粧水も通常200ml程の物がほとんどだと思いますが、それも2ヶ月程持つと考えるととてもコストパフォーマンスも優れています。焦って、化粧水・乳液・クリーム・化粧下地と、高価な物で揃えていた頃が懐かしく感じます。基礎化粧品もメイク用品も、高いから良いものとは限らない。

基礎化粧品だけは、値段やブランドに誤魔化されず、自分の肌に合うものを使う。

毛穴が開いてきたと感じる場合、それは水分不足なんです。水分さえ補えばいいのね!と、化粧水だけしてもだめなんです。きちんと、肌に入れた水分を閉じ込めてあげないと。それが油分の役割。ここで言う、ワセリンなんですね。もちろん、乳液で十分て言う方はそれでいいと思います。

毛穴の開きは老けてみられる原因にもなります。美魔女とまではいかなくても、年相応もしくは少しくらい若くみられる艶々とした肌でいたいですね。

是非、30代突入して毛穴の開きや乾燥、化粧ノリの悪さで悩んでる方は化粧水プラスワセリンを試してみてもいいかもしれないですね。

これは気をつけたい!

【注意点として】

10代や20代前半の皮脂分泌の多い時期に、必要以上に肌に油分を与えてしまうとニギビなどの肌荒れの原因にもなってしまいます。ご注意ください。