764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

与論島 中学生息子と母の日常

与論島
スポンサーリンク

こんにちは。

中3、中2の息子がいます。ママやってます。ともみです。

今日は、ママと息子の日常に溢れる会話からお届けしたいと思います。

 

優しくして!編

これは、私と中2息子の会話です。

私       あー、ママノートパソコンほしーんだよねー。

息子    へー。じゃー、買えばいいんじゃん?

私       いやー。でもそれ用の予算無いんだわー。

息子    じゃあ言うなよ(白い目)

(……もちっと優しく話しを聞いてくれよぅ泣)

小学5年生頃まではあんなにかわいらしかった次男!

あんなに、ママを全力で求めてくれてた次男!

それがこれですよー(大号泣)

 

聞いてないし!編

これは、私と中3息子の会話です。

息子      ママー。

私         …  …  …

息子      聞いてないし!!

 

私        あ、ごめん!聞いてなかった(汗)

息子     もう、いいし!

 

(だ、だって。ツムツムしてたんだもん。。ごめんよ…)

 

待って、あとで

とか、子供にとってほっとかれていると感じる言葉があるようなのですが、そもそも私の場合は聞こえていない、という大きなミスが。

もっと、大人になりたいと思います(汗)

 

あーもう、なんも入ってこない!編

これは、私と中2息子の会話における日常的な私の状態です。

息子、とにかく私へ話す。

サッカーのこと、フットサルのこと、ダンスのこと。

なのですが、なんでしょう。

私、この3つ全て好きなことなのですが、息子の話が耳に・頭に入ってきません。

(私、実は息子のことどーでもいーや、とか思ってるのかなー…)

と、思うことがあるくらい。

いやいや、くそむかつなーコイツ!だけどまたそれもかわいいんだよ!!

と、思ってますよ。

 

そこで、分析。

話しを聞く私の耳と頭の理解力の問題ではなく、息子の説明力の低さが問題だった!!

と気づく。スッキリ!

あんだけ、国語力付くように文章の読み解き方とか教えたのになー。残念無念。

 

愛情確認:長男編

これは、私が時々誰かに認められたくてとる行動から。

私      ママのこと好き?

息子   好き!ママは?

私      好きー!

2人    ニコニコ

 

長男は脳性麻痺のピュアっ子なので、いまだに愛情表現豊かに示してくれます。夫婦の癒し的存在。

その心はずっと持ち続けてくれよー!(心の叫び)

 

愛情確認:次男編

長男編に続き、私の存在を確かめるべくとる行動から。

私      ねー。ママのこと今も大事?

息子   ……

私      ねー。聞いてる?

息子   うざっ。

 

(泣かないもん!大人だから、これくらいで泣かないからね!泣)

 

思春期、おそるべし。

たった一言で母親にダメージを与える。

ちくしょー!負けてたまるか!!

 

終わりに

最後に、どーでもいいまとめ。

いつまでも、ママを一番に大事にしてくれると思っていたあの頃がすでひ遠い昔のことに。

子供はいつまでもママラブではないのですね。

心の中では、ラブかもしれないけれど、ある日突然表現しなくなるときがやってくる。これは、成長だとわかるのだけどとても寂しく感じますね。

大丈夫!子供が大人になったら、また素直に表現してくれるときが戻ってくる。これもまた、成長だから。

そう、信じて今は耐え忍びましょう。

 

終わり。