764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

特別支援学校進学と特別児童扶養手当

与論島
スポンサーリンク

こんにちは。

ともみです。

4月から長男が与論島の親元を離れ、奄美大島の養護学校へ進学します。

 

進学にあたって、ちょっと納得がいかないことがあるので、書いてみます。

 

 

養護学校・特別支援学校の入学時の費用が大きすぎやしないかい?

まずは、これですね。

制服や体操着、作業着、その他必要なあれこれ。

入学時の準備が多すぎて、そして費用がかかりすぎのような気がします。

細かい費用などこちらで見れます。

そして、我が家の場合親元離れ離島から離島への進学になる為、施設への入所になります。

そしてまたそこでも準備が多く。

いったい、入学前にどれだけの費用がかかるのでしょうか。

ざっと軽く見積もって20〜30万程と思ってます。

 

他にもかかるよ、帰省時編

入学時に、学校や施設の準備で大きな金額が動くことがわかりました。

そして、我が家は与論島から奄美大島への進学なので、移動費がかかりますなー。旅費、宿泊費、それにまつわるその他経費。

長期休み時の息子の帰省。

息子が長期休みで帰省する際は、迎えに行かねばなりません。

旅費、宿泊費が私の2往復分に、息子の1往復分です。

この一回の帰省時の費用だけでも15万前後かかると思われます。痛い!非常に痛い!!

 

それなのに手当て無くなるの?

離島への進学は、現状的にそうせざるを得ない状況。島で高校進学ができないから。いや、できはするのですが、頼み込んで。ですが、何かと町や県の事情があるのでしょうね、あまりいい顔されないというところです。奄美への進学ゴリ推しされたので、そう捉えております。(推し方的に)

ちょっと、だいぶ愚痴のようになりましたが。

これだけ経済的に負担が増えるのですが、何かとあれこれお金がかかる特別支援教育で、心と懐の支えだった手当てがもらえなくなります。

これは、はっきり言って死活問題です!!

フリーで働いてる私もかけもちしてますが、夫婦の稼ぎだけでは自信ないです。

 

なぜに、経済的に厳しくなるのに生計を共にしていないという理由で切り捨てられてしまうのだろうか。

家庭の状況に応じての対処を望みます。

与論町の取り組み

特別支援教育保護者の会、なるものが数年前に町議会に訴えかけ議論された結果、保護者への面会時の旅費補助なるものが決定した。

年6回まで。一回2万まで。

無いより、最高に助かる制度。

もっともっと、改善されていくといいな。

 

筆者の叫び

矛盾のまだまだ多い世の中。変えていくのは、現状に不満を持つ私たち。変えていけるのかわからないけれど、いつかは声が届き、弱者が救われる世の中になることを願う。

そして、私自身弱者側として、甘えてばかりでなく立ち向かいたい。

特別支援教育、障がい福祉、とにかく関わっていきたいと考えてます。討論会とか参加してみたい。声かけてください。

この記事を読んで共感しくださったら、ぜひ1人でも多くの目に止まるよう、シェアお願いします。