764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

奄美にいる長男と久々の会話をしたら、そっこーで泣いた

日記
スポンサーリンク

今日は、母の7回忌でした。

実家にて、お供え物の準備をして家族で手を合わせました。

母の生前好きだった食べ物を考えながら買い物をして、とてもいい時間になりました。

 

どーも、ともみです。

 

 

嬉しすぎる~!!

昨日は、母の7回忌の前夜祭ということで、夜は実家にてお供えものをしてみんなで夕飯を食べました。

お母さんの力か?

なんと、実家に着いた瞬間に私のスマホが震えました(バイブな)。

 

登録はしていないけど、なんとなく勘が働いて出てみると、的中!

 

奄美にいる長男の入所している施設からでした。

職員さんからの、長男の近況報告を受け、とても嬉しくなりました^^

 

それだけでなく、

「隣に本人いるのでかわりますね~」

と、長男と電話をかわってくれたんです!

もうね、興奮して嬉しすぎて!!

 

 

長男「フガフガ…(鼻息)…」※長男、電話はあまり上手ではありませぬ

私「○○?ママだよー!」

長男「はい!!!(感極まってるのがすっごい伝わる)」

 

から始まり、二人会話をしましたが、私もこらえきれずに泣いてしまいました。

今、昨日のあの時間を思い出しながらも泣きそうです。

 

長男も、泣いてるのがすごく伝わってきて、本当に寂しい思いをさせて申し訳ないと悔しくなりました。

 

 

号泣オンパレード!

私も泣いて、長男も泣いていて。

長男は、もともと電話ではうまく話しにくいので、返事をするだけで済むような会話をするようにしています。

 

ご飯食べてる?頑張ってる?楽しい?

 

私の問いかけに、噛みしめながら力強く「はい!」と答える長男。

本当に一生懸命、寂しかったよ!っていう気持ちを押さえ込みながらも返事をしてくれるのがわかってきた。

 

「誕生日にはママから電話かけるからね!」

 

そう言ったときの嬉しそうな弾んだ「はい!!」に、胸がしめつけられそうでした。

 

 

離ればなれ、4週間

カレンダーを見て、青ざめた。

長男と離ればなれになって今日で4週間になっていた。

4週間も、声を聴かせることもせず。

ただひたすら、お互いの為と信じて寂しいのを我慢して電話もせずにいた。

ごめんよ。

 

施設へ長男の荷物を送った時に、手紙を同封した。

その手紙を何度も何度も開いていたそうだ。

じっくり、何度も読んでいたと。

 

家族写真はいれていない。

携帯を持たせていないので、家族の声を聴くすべもない。

やっと手に入れた温もりが、きっと私からの手紙だけだったのだと思う。

あの子のことだから、引き出しにしまってときおり出して開いてそこに温もりを求めてるだろう。

たやすく想像ができる。

あの子はそんな子だ。

寂しくても我慢して、施設の人や学校の先生、お友達に心配をかけないよう頑張っている。

 

ゴールデンウィークも、施設で過ごさせた。

次会うのは夏休み。夏休みに、とびきりの笑顔を見せてくれるだろう。

 

 

子離れ、たぶん一生無理

今日は母の7回忌。

母が亡くなったときは、それはそれは号泣した。

何日も泣いてばかりいた。

けれど、いつしか泣かなくなった。

母との過ごした日々を思い返しても泣くこともなくなった。

それは、きっともう二度と会えないからだとわかるから。

 

長男とは、与論と奄美で離ればなれの生活になって4週間。

母が亡くなってからの年月にくらべたら、なんてことない。

だけど、長男のいない生活というものに慣れることがない。

 

(本当なら、今一緒に寝てるのに)

(いつも晩ご飯のお手伝いしてくれるのに)

(フットサル、いっつも家族4人揃って行ってたのに)

 

朝は、毎日学校へ送り。

夕方前には毎日学校へお迎えにいく。

そんな生活をしていたのに。

 

親離れはできたのに、子離れができない。

したくもない。

できることなら、次男にも島から出てほしくないと心の中で思ってる。

でもそんなことは言えないよね。

子供の可能性をつぶすことだけは、いくら親でもしてはいけない。

寂しくても、子供が望むなら外の世界も見せてあげたいと思う。

 

ゴールデンウィークは、長男もいなければ、次男も奄美へ遠征で行っていなかった。

夫婦ふたりきり。

なんて寂しいこと。

子供がいないって、こんなに自分の中が空っぽになるんだ。

 

 

まるでつらい片思い

今ね、考えてたんですよ。

つらい、胸が苦しいって。

これって、なんか知ってる気がする。

このどうにもならないような気持ち。

 

叶うことのない、つらい片思いをしているような気持ちだと思ったんだよね。

 

親子だし、相思相愛なんだけども。

それなのに、引き裂かれたようなこの気持ち。

会いに行こうと思えば会いに行ける。

だけど、自分は良くても長男の為にはきっとならない。

寂しさをこらえてたくましく成長する、このチャンスをつぶしたらいけない。

もどかしい。

 

夏休みのお迎えは、パパさんが行くと張り切ってるけど。

私は、ただひたすら長男の帰りを待つのみ。

会いたい。早く会いたい。

 

数えたよ、あと10週間!

2ヶ月半だよ!!

長っ!!!

数えなきゃ良かった。。。

 

 

しばらく、昨日の電話のことを思い出しながら頑張ろうと思う。

子供の存在ってでかいね!

旦那よりでかいわ!!

 

ママは頑張るぞ。