764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

長男16歳の誕生日は家族と離れて

日記
スポンサーリンク

こんにちは、ともみです。

最近疲れておりました。

 

梅雨時期って、なんでこんなにも疲れやすいのでしょうか。

雨降ったり、めっちゃ快晴だったり。

どちらにしろ湿度だけは高くてやばいですな。

 

 

昨日、奄美にいる長男の誕生日だったのですよ。

 

16歳おめでとう!

昨日は、進学で奄美にいる長男の16歳の誕生日でした。

母の7回忌前夜祭の日に寂しさが募った長男の為に、施設の方が電話をくださり。

あのときは号泣していた長男。

 

誕生日に届くように、プレゼントを送りました。

学校から帰宅した長男から電話がありました。

そのときの声は、元気いっぱいでホッとなって、とっても嬉しくなりました^^

夜またパパと電話するね、と伝えていったん切る。

 

15分前からスタンバイ

約束の時間に、施設へ電話。

職員さんがでて、先に少しお話。

「嬉しくてたまらないようで、15分前から電話の前で待ってましたよ~^^」

と。

かわいすぎるヤツめ!!

 

長男に改めておめでとうと伝え、突然パパに交代。

すると長男、泣きそうになったとな。

今までの電話ではママとしかしゃべってなかったもんで、いっきに嬉しさがこみあげたんだろうなぁ。

 

最後にまたママと電話をかわって、最後に約束を。

「また、ママから電話するね。」

の、声かけに

[はい!お願いします!!]

とな。

かわいいヤツ!!

 

 

16歳、中身は幼稚園児

何度か書いてますが、長男は脳性麻痺があって精神遅滞もあったりして発達度は現在4~5歳程度。

そんな長男だけど、しっかりしてるんですよ。

受け答えもしっかりしてるし(吃音ひどいときあるけど)、とても優しいし。

純粋で疑うこともしないし、透き通った目で見るからほんとかわいい!

 

精神だけじゃなくて、知的にも遅れがあるからまだまだ小学1年生とかのレベル。

それでも、764gの超未熟児で生まれて、ココまで成長してること自体が奇跡。

元気で、笑顔で楽しく過ごせるならそれでいい。

 

 

再会は夏休み

次、会えるのは夏休み。

終業式の日にパパさんが迎えてくるんだって!

「俺がいく!」

て言うんだもん。

5月も半ば。

あと少し。

 

 

やっと笑えるようになった

長男と離れて、しばらく思い出しては泣く日々が続いたけど、最近それもなくなってきた。

やっと、落ち着いてきた。

長男も、食欲もでてきたみたいだし、笑顔が増えたと言っていた。

よかった。

 

はじめての電話の時は、長男の声を聴いた瞬間に泣いてしまったけど。

昨日は泣くことはなかった。

ただひたすらに声が聞けて嬉しくて、にやけていた。

やっと、この段階までこれた。

長男もいつものトーンになってたし、ほんとによかった。

 

泣いてばかりもいられないもんね。

夏休みを楽しみに待とう^^