764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

夏休み 親子職場体験 

スポンサーリンク

 

こんにちは、ともみです。

 

昨日は、養護学校のカリキュラム?の一環で、親子職場体験をしてきました。

 

 

与論島に帰省中の長男。

与論島での職場体験です。

 

お世話になったのは、去年中学校の時にもお世話になった施設。

秀和苑さんです。

 

去年、秀和苑に行くときスマホのナビで行ったんだけど、ナビに正しい位置がでなくて大変しましたw

ずーっと、「ココです」っていうところが全然違うんだよね。

参った参った。

 

今回は、覚えてたからちゃんとたどり着いた!

 

 

親子で職場体験

子供が障害を持っていると、親子で体験できるのはとてもいいことだと今回体験してみて感じました。

障害の程度は違えども、いろんなタイプの方がいて。

作業のときや、施設で過ごすときにどのような様子なのかをみれてよかった。

 

秀和苑さんでは、今回塩作業と工作でした。

 

長男は商品パッケージにラベル貼り。

私は、塩の中の不純物を取り除く作業。

この塩の作業がね、キリがなくて大変だと思った。

 

よし、完璧!と思っても、また出てくるからね。

終わりのない作業だなーって、思いました。

 

一日の流れ

朝9時半に集合して、挨拶や施設内を見て。

10時頃から作業開始。

 

ちょこちょこ休憩を挟みながら、集中してできるように、疲れないようにと配慮を感じた。

 

長男みたいに、集中力の続かない人が多いことはしょうがないこと。

そういった人たちが集中して作業を進めていくために考えてるんだなぁ、と思った。

 

お昼12時になると食堂に移動して食事をとる。

体験をさせてもらった日は、カレーだった。

辛口と甘口の両方作ってあって、好みで食べれる。

 

カレーがどんぶりにいっぱい入ってて、小鉢でドゥックイ(瓜)の和え物、味噌汁もついていた。

私は単純作業に没頭して集中しまくったから、めっちゃお腹すいてたんだけど。

正直残したいくらい多かったww

大人なので、全部食べましたとも。

ごちそうさまでした。

 

長男は、たくさん残しました。

無理はさせられまい。

ごめんなさい。

 

13時から、午後の作業開始。

午後は、今日から大金久海岸で出店するお店の準備をした。

 

シーグラスのパッケージ作業、貝細工のパッケージ。

そして、それとは別でジェルを小瓶に入れて貝を入れたりする体験もさせてもらった。

作った物はいただいて帰宅♪

 

そうそう、そのあとは14時過ぎから出店で出すかき氷の試作試食会をした。

ラッキー♪

かき氷、好きな味でいただいてきましたwww

 

食べ終わって、談笑して、15時解散。

利用者さんたちは、送迎されて帰って行きました。

 

なんという一日。

 

 

短い時間でも疲れマックス

なんでしょうね。

ラクだったにもかかわらず。

めちゃ疲れました。

帰ってから、ほんとに倒れ込んだからね。

 

施設内でクーラーついてたんだけど、涼しかったり暑かったりして気分が悪かったのもあるな。

 

作業はラクだったから問題ない。

帰ってから、晩ご飯の買い物にでるまでずっと横になってたよ。

 

長男は、なんてことなさそうにいつもとかわらず、といった感じだった。

若いってすばらしい。

 

昨日は夕方スケボー練習しようと思ってたのに。

それどころじゃなかったよ。

 

 

福祉施設体験をしての感想

親子職場体験(福祉施設体験)をして、思ったことを正直に書きます。

 

販売単価のとても安い商品を手間暇かけて仕上げ、たくさんの利用者の手を使っている。

施設職員も、作業に加わっている。

 

施設はいわゆるデイサービスのような機能も果たしていると思うのだが、お給料とかどうなってるのだろうか。

「働いてる」という利用者さんたちのお給料が気になる。

チキンハートで、聞けなかった。

 

お昼ご飯は出される。

お昼ご飯代は徴収なのだろうか。

送迎付きで施設利用は毎月どれくらい払っているのだろうか。

 

売り上げがたくさんあるようにも感じなかったが、工賃のようなものは支払われるのだろうか。

きっとそれは生活ができる金額ではないと想像ができる。

 

みんな、わいわい楽しそうにおしゃべりをしながら作業をしていた。

そこに通ってきて、仕事をするのが楽しいんだろう。

 

長男の作業の様子をみると、

「この子には無理だ」と感じた。

興味もなければ、楽しくもなさそう。

 

養護学校を卒業したあとの仕事を考えなければならないな。

そろそろ、本格的に。

うちのこの子になにができるのか、なんだったら楽しく働けるのか。

 

そして、稼ぐということを当たり前に経験していってほしい。

 

月、数千円の工賃で喜んでいたらだめだと思う。

だれだって生活していく為にはお金が必要なんだから。

 

長男にも、働くことはどういうことか、しっかり教え込んでいこうと思う。

 

 

福祉施設、見学や体験は家族も一緒に行った方がいいよ。