764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

長男奄美へ戻る 私たちの夏が終わった

与論島
スポンサーリンク

 

夏休みがもう終わろうとしていますね~

 

はやいものです

 

1ヶ月半の夏休みを長いと感じるか短いと感じるか、そのときの置かれている状況にもよるのでしょうね

 

我が家にとってのこの今年の1ヶ月半の夏休みはとても短かったです

 

奄美の学校に進学した長男

家族の元を離れ、一人奄美の学校へ通う長男。

与論島と奄美は船で8時間ほどもかかる。

 

島には特別支援学校もなく、「お客さん」状態でしか島の高校へは行けないというのが現状。

 

それならば、しっかりと教育を受けさせてくれるところへ、という選択。

 

長男も、奄美での生活が始まって最初の1ヶ月はホームシックで、顔が暗かったと施設の方から聞いた。

1ヶ月もたつと、施設のほかの子供たちを盛り上げたり、学校でも率先して元気のない友達に声をかけたりしていたそうだ。

 

なんとも、長男らしい。

自分だって寂しいのに、周りを気にかけることができる優しさは、すばらしいと思う(親ばかだからではない)

 

寂しいってばかり思ってたけど、そんな思いをしてるだけあって成長はかなりのものがあると思う。

 

久々に会う方々からも、

「なんか、にーちゃんになったねー!かっこよくなってる!!」

て、褒めてもらうことが多かった。

 

離れて、寂しさを乗り越えて一人で頑張った結果だよね。

 

 

 

見送りは寂しいから、パパよろしくね

夏休み入る時に、お迎えに行ったのもパパ。

送るときもパパ。

 

私は、お別れの時に泣く気がするので、遠慮しましたよ。

 

今日の船で、長男とパパは奄美へと向かいました。

明日の夕方には、施設へ預けることになってます。

 

月曜日から、2学期がはじまりますね。

元気いっぱい頑張ってくれること、願うのみです。

 

 

 

ママ大好き、パパ大好き

夕べ、長男が言ってきました。

 

明日には、奄美へ戻るんだということをわかってるからこその行動。

 

私の手をとり、さすって、顔にスリスリして。

 

私のにおいをかぐのが好きな長男。

いつも、私のあちこちに鼻をつけてにおいをかいでいる。

 

ゆうべは、顔をまじまじとみて、

「ママ!好き!大好き!!」

 

「パパ、大好き!」

 

と。

 

思い出すだけで泣けるよね。

 

学校、辞めればいいのに

 

 

て、本気で思ったこの夏。

どこにもやりたくない、というこの身勝手な思い。

 

たった3年の辛抱。

乗り越えて、3年後にみんなで笑おう。

 

次は冬休みに会おう!

「3ヶ月半頑張ったら、冬休みだよ!」

 

「12月の半分まで行ったら、お家だよ!クリスマスもあるよ!!」

 

そう、楽しいことを話して明るくつとめた、lastnight。

 

 

次は、冬休みにあえる。

それを励みに頑張ろう。

 

私には、島で次男もいるしパパもいる。

長男は、奄美で施設や学校の友達がいる。

 

長男の方が寂しいだろうし、何倍も頑張ってる。

親がめそめそしてたら恥ずかしいよね。

 

ということで、笑顔で頑張ります!

 

 

もう少ししたら、秋冬モノの新しい服も買って送らなきゃ!

 

と、楽しみを見つけてww

 

 

障がい児、高校進学は無理せず

勉強する権利は誰でも平等にある。

高校進学を拒否する権利も平等にある。

 

なので、無理して進学させるというのは辞めて、よく家族で話し合うことが大事。

 

「子供だから親の言うこと聞いてればいいんだ!!」

て、ナンセンスなこと言ってるやつはどこのどいつだ!!

 

子供にも選択する権利があるんだからな。

 

我が家の場合は、

「将来働かない」

というはっきりした自己主張が長男の口から出ましたので。

 

それならば、働くということはどういうことか、養護学校で実地を受けながら学ばせようとなった。

 

特別支援学校というのは、就職の為の訓練が充実してるからね。

分校って形で、設備の整ってない地元の高校に行くより、設備の整った学校で教育受ける方がいいと私は思った。

 

 

寂しいけど、いろいろ経験もさせてもらえてるようだし、よかったと思ってる。

 

長男も、実地の時間はけっこー楽しんで黙々と作業してると先生が言ってた。

 

島に、奄美の学校を卒業してきて働いてる先輩が何人かいる。

その先輩たちみたいに、長男もきっと自信をつけて帰ってくるに違いない!

と、思いたいww

 

障がいがあってもなくても、高校進学は今のところ義務じゃないのでね。

家族で話し合い必須案件ですね。

 

うちの次男も、さてどうするのでしょうか、来年。。。