764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

自分という人、自分を知る

雑談
スポンサーリンク

 

昔は、スピリチュアルがすきでした。

 

私のブログでは、いろんなことを書いています。

 

主に、私の気持ちや考え方。

そして、好きなこと興味のあること。

 

 

今日は、「自分」をテーマに書いてみる。

 

 

 

自分探しの旅はいつまで続けるの?

自分探しの旅

 

かっこよく聞こえますか?

実際は全然かっこいいものではないと思うんですよ。

 

だって、自分の考えが定まっていないということだと思うから。

 

 

私もね、結婚したばかりのまだ若い頃は自分を探しまくってましたよ。

 

自分を探るために、人にみてもらうとかね。

でもね、自分のことを自分がわからないのに人が詳しく知ってるわけがないんですよ。

 

 

たとえば、なにか特別な力があって、視える人だったらわかるのかもしれない。

でも、ほんとにそれが正解なのかは誰にもわからない。

 

 

いろんな、自分を知るためツールとかあるけど、結局これは統計学だよね。

総合的に判断して、てことだよね。

 

 

それでも、やはり自分自身を客観的にみれなければ、利用するwww

 

自分探しは永遠のテーマだな。

 

 

 

自分を知ると、らくになる

結局、自分の本当の気持ちがわからないと、動きにも制限がでるよね。

 

「おつきあい」で、行動していると窮屈に感じたり。

でも、この窮屈に感じてる理由がなんなのかわからないでいると、どんどん心がふさがっていくんだよ。

 

そして、「自分なんて」とか意味もわからないネガティブになるんだよね。

 

 

自分がどんなときに、うれしくて楽しくて気持ちいいのか。

どんなときに、苦しいのかを知るとそれだけでらくになる。

 

対処法がわかるから。

 

 

自分を探すときの目的をちゃんと決めておかないと、

自分探し

すること事態が目的になってしまうよ。

 

 

私は、この自分探しはもう辞めている。

 

なんとかテストみたいのもしないことにしている。

やったところで、まず覚えられない。

 

「へー、そうなんだ」ていう感想しかない。

 

私は常に、そのときそのときの自分と向き合って、自分を理解するように心がけている。

これが一番、自分にあっている。

 

人それぞれ。

自分を知る方法に、正しいとか間違ってるとかはない。

自分にしっくりくる方法がいいよね。

 

心理テストとかも、途中で疲れて辞めるタイプ。

めんどくさいの大嫌い。

 

自分は、こんな人だから。

 

知れてよかった。

 

 

 

もしかすると自分が一番自分を知らないのかもしれない

自分が思う自分と、ひとからみた自分って違うことないですか?

 

私は、

  • サバサバしてる
  • 男っぽい

っていうこのふたつばかり言われるんです。

 

でも、パパさんからすると、

  • サバサバしてる(同じかよ!
  • かっこいい(ありがと!
  • かわいい(ほんとに?まぁ、ありがと!
  • 誰に対しても態度が同じ(確かに
  • 曲がったことが大嫌い(原田たいぞうか!
  • 性格がいい
  • 性格が悪い(どっちやねん

 

だそうです。

 

自分では、

  • おっとりしている
  • マイペース
  • めんどくさがり
  • 曲がったことが嫌い(あ、、!
  • 頭悪い行動する人が嫌い

と思ってます。

 

 

いったいどれが自分なんだろう?

たぶん、どれも自分。

 

受け取り方の違い。

 

 

 

そう、受けと方なんだ!!!!!

 

 

 

だから、自分知ろうって頑張らなくてもいいんだよね!

 

 

と思ったよ。

 

 

でも、確かに性格はよくないと思う。。。。。

性格がきつい。

あ、口がきつい。

えっと、口が悪い。

 

 

いいとこが無い気がしてきたよ。

 

 

人間なんて、イイ人もいれば悪い人もいるんだ!

たまたま、自分が悪い人なだけだったってことさ!!

 

 

 

 

他人と自分を比べるのは、落ち込むだけだ、今すぐ辞めろ

ほんとこれ。

 

他人の人生を自分も歩もうと思ってたんですか?

違うよね。

 

自分は自分のんせいじを歩もうとしてるんだろ?

 

だったら、他人と比べる必要なんてないじゃない。

 

 

他人と自分を比べなくなると、すっごくらくになるよ。

試してみて。

 

 

自分を知ることも大事なのかもしれないんだけど、全てを知ることはたぶん無理なんじゃないかな。

 

本音と建前ってあるじゃない。

 

 

 

自分自身にすらそういう部分を見せるときがあると思うんだよ。

それも、無意識で。

 

だから、どんな自分も、自分。

 

ショックを受けることもあるだろう。

 

だからさ、無理に自分を探さなくていいんだよ。

 

 

気にしないってことが、一番むずかしかったりするけど。

それでも、いちいち気にしない。

 

 

はー、今の私、らく。

 

 

 

 

 

劣等感のかたまりですもの

私。

これは、私。

 

私、小さな頃から自分はスクールカーストでもなんでも中の下、もしくは下。

ずっとそう思ってきた。

 

実際、なんてことないんだろうけど、ずっとそう自分を卑下していた。

 

 

誰かと比べて、勝手に落ち込んで。

 

 

これは、若い子特有の考え方なんじゃないだろうか。

 

 

37歳の今はさすがにこれはない。

 

 

あ、でもフットサルでは別。

うまい人と自分を比べて勝手に落ち込む。

 

でもこれは、うまくなるためにわざとやってること。

自分をおいこんで、自分は迷惑がられてるんじゃないかって落ち込んで。

そしてそこから這い上がるためにわざとそうやってる。

 

 

男と女は、

「あいつかわいい、あいつブス」

「あのひとかっこいい、あのひとブサイク」

 

て、自分の中で自然と思ってるよねww

 

私は、誰から見ても後者タイプだと思ってる。

もう、激しい劣等感wwww

「ブスですけど???」

て開き直りすらできそう。

 

 

これも、誰かと自分を勝手に比べてるから。

 

これも、辞めた。

 

 

パパさんからすると、私はかわいいし。

でも、私のことタイプじゃないひとからすると、かわいくない。

 

ただそれだけのこと。

 

 

劣等感もどっかにポーーーーイ!!!!

 

 

 

辛いけど、自分でよかった

いろいろ考えてみると。

特に裕福でもないし。

容姿に優れてるわけでもない。

 

それでも、自分が自分でよかった。

 

 

この歳になって、夢中になれるものに出会えた自分最高!

フットサル最高!

 

若くして結婚して出産して。

子育ても落ち着いてきて。

 

この人生でよかった。

 

これからは、さらに楽しいことが待ってるに違いない。

 

そう思える人生で、自分でよかった。

 

 

考え方次第で、いくらでも幸せは感じられるんだね!

 

 

自分は自分。

ひとはひと。