764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

ファッションが好き!中3息子

スポンサーリンク

お年頃の息子を持つといろいろと大変でございます。

 

まず、意味もわからない、俗に言う「キレる」てやつとか。

 

なにかと物入り!?

「お金ちょーだい」とか。

 

そして、うちの中3息子の口癖なんじゃなかろうか?

「これがほしい」

「これ買って」

攻撃。もはや、口撃ですな。

 

うちのこの中3息子は、とにかくおしゃれに余念がない。

 

学校に遅刻してもかまわないって感じで、まず朝お風呂に入る。

 

母としては、

「昨夜、風呂入ったじゃないか!」

って思うのだ。

 

だがしかし、彼は朝お風呂に入ることが多い。

 

 

はい、そして。

彼は、家族のだれよりも服を持っている。

 

これまで、服は私が一番多く持っていたはずだ。

 

気が付くと、彼は私の服まで着ている。

そして、さりげに自分のところにしまっている。

 

これをなんというか、知ってるか?

 

借りパクっちゅーんだ。

 

彼は、いとも簡単にこの荒技を使いこなす。

 

私の服のセンスを気に入ってるのだろうか。

彼は、私に服のアドバイスを求めてくる。

 

そう、あれは小学校5年生の頃だったろうか。

そんな早くから、おしゃれに目覚めてしまった彼はこれから先どんどん服を買い込んでいくのだろう。

 

小学校6年生になった頃には、Tシャツにチェーン(ペンダントっぽいやつ)が付いたものを自ら選んで買っていた。

 

そして、デニムも履くようになる。

 

中3息子、スタイルがいい。

すらっとしていて、足も細くて長い。

 

黒の細身パンツなんて履いたら、親の私でさえ「カッコいい!!」て思うほど。

 

定番だけど、黒細身パンツ+白Tシャツ(ゆったりめ)はカッコいい。

 

そして、履く靴によってもかわるな。

ここはストリートっぽく、1サイズデカ目のスニーカーでよろしく。

 

中3息子、小学校6年生の誕生日にリップスティック(ブレイブボード)をねだる。

あっとゆーまに上達。

 

一年でなくす。

 

中1でスケボーをねだる。

あっとゆーまに上達。

 

現在、お高いボードに乗り換え、楽しむ。

 

彼は、スケーターファッションも好きなようだ。

 

これは、私の趣味でそのような格好ばかり見せていたことも影響したのか。

 

これからの季節、デカシルエットのトレーナー、パーカーをさっと羽織っただけで決まる。

 

昔のスケーターなら、ボトムスはダボパンだっただろうが、現在はスリム系。

ダボパン、腰パン流行ったなぁ(しみじみ…

 

 

本日の与論、11月も半ばだというのに夏のようだった。

24度とか、そんな感じだけど太陽がすごい。

 

半袖で十分な中、おしゃれボーイはフード付きのゆったりトレーナーを着ておでかけ。

 

自転車は置いて、お供にスケボー。

 

どんだけイケメンやねん。

ていうのは、私の心のつっこみ。

 

 

子供が小さいうちは、親が選んで買った服でもいいかもしれない。

だけど、自分で選ぶようになったら、極力そっちを買ってあげるようにしたほうがいい。

 

子供のセンスが育つ。

 

中3息子は、とにかく服が多い。

靴も多い。

 

おかしいなぁ。

これまで、靴も服も私が一番多かったのにな。。

 

靴も、サイズが同じ頃は得意の借りパクをされていたぞ。

 

男の子の服って、女の子のものより種類も少ない。

売場もそんなにない。

 

あっても、少し高い。

 

男の子って、おしゃれするのに大変な思いをするんだなぁ。

 

息子には、

「インナーとして着れるTシャツは柄物を選んでもいいけど、アウターにもできるシャツはシンプルなものを選べ」

と、言っている。

 

その方が、組み合わせもいろいろきくのだ。

 

おしゃれに敏感な年頃は、少しでも日々ちがう組み合わせをしたいはずだ。

 

 

そして、自分に似合うカラーを知っておくこと、と教えてある。

 

よく、流行ってるから、ていう理由だけで服を着てる若い子がいる。

あーゆーのは、だいたい似合ってないとださくみえたりするもの。

 

流行りイコールおしゃれではない。

 

似合うイコールおしゃれなのだ。

 

くれぐれも、間違わないで欲しい。

 

 

って、中3息子に教育済み。

 

こんなこと書いてたら、そろそろ自分の服も欲しくなってきたぞ。

 

今年は新しい黒のニット帽がほしい。

 

あと、柔らかいデニムじゃなくて、いわゆる「Gパン」がほしい。

なつかしいなぁ。

 

自分の中の流行りを追いかけなおしてみようかな。

 

37歳、ぽっちゃり主婦。

おしゃれを楽しんでいた「あの頃」を追いかける。

 

 

よし、今年の冬のテーマはそれだ!

 

 

 

最後に。

中3息子の服飾代、年間およそ10万越え。。。。。