764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

仕事をがんばってきて救われたできごと

仕事
スポンサーリンク

 

私は、現在自宅にて仕事をしています。

(詳しいことは控えさせていただきます)

 

この仕事を12月で最後にすることに決めたのです。

 

この仕事は、お客様がいてなりたちます。

私1人では、相手(お客様)がいないと、どうにもならない。

 

これまでたくさんのお客様にご利用いただいてきました。

 

とても感謝をしています。

 

 

先月の末頃、お客様宛のお知らせを出しました。

 

そう、12月をもって営業を終了します、という内容です。

 

 

このとき、個別に連絡をくださるかたもいらっしゃいました。

 

「残念だけど、ありがとうございました。おつかれさまでした」

 

という内容です。

これは、とてもうれしかったです^^

 

 

そして、12月初日の本日、2名の方が来てくださいました。

 

 

「今までお疲れさまでした。これからは、からだをいたわってね」

と、リラックスグッズをプレゼントしてくださったり。

 

 

「今日が最後だと思うと寂しいなぁ」

「ここに来てお話するのが、癒しの時間だったんだよなぁ」

 

と、言ってもらえたんです。

 

 

本当に、ひとに恵まれたなぁと、うれしくなりました。

 

 

本当に、心の中で葛藤していたんです。

 

目も体もきついから、そろそろ辞めた方がいい。

でも、そしたらお客様はどうなる?

 

この葛藤。

 

 

そして、体もきつい辞めようか。。。

そんな考え始めていたときに、がんばりたいことをみつけた。

 

そしたら、もう変わるしかなかった。

 

自分の体も、仕事も自分のもの。

自分をまずは大事にしてみよう。

 

私は私の人生を生きているんだから。

 

ちょっと無責任だなぁと思わなくもないけど。

 

 

数名のお客様から声かけていただいたあの言葉たちを大事にしようと思います。

 

仕事がんばってよかった。

 

 

体調悪くても、がんばってきてよかった。

 

 

100%のサービスを心がけてきて本当によかった。

お客様に届いていたんだと思うと、感謝しかない。

 

今月も100%のサービスでいきます。

悔いのないように。