764グラムの超未熟児で生まれた長男の子育て。年子次男の子育て。障がいのある子供とない子供を通しての経験をシェアしていきます。

特別支援学校って、どんな感じ?
学校って、どぉ?

そんな話もおりまぜて。。。

養護学校の分校ってどんな感じ?

与論島
スポンサーリンク

現在、奄美の養護学校高等部に進学している長男。

 

島の高校にも、奄美の養護学校の分校をお願いできることは聞いていました。

 

迷いに迷った結果、奄美の本校への進学となりました。

 

 

実際、奄美に行って長男はとてもたくましくなったと感じます。

 

ですが、ここで親として知りたい。

奄美で一年頑張った長男を、島の高校に分校をしてもらって通ったらどうなるのだろうか。

 

どれだけの差があるのだろうか。

 

ここら辺が知りたくなった。

 

今更、遅いけど知りたくて仕方がない。

 

島の教育委員会にも何度も迷惑をかけ、とってもお世話になった。

 

中学校でも、先生から学校の変更は途中でできません、と口酸っぱく言われたのも記憶に新しい。

 

 

それでも、親として子供の成長度合いに違いがあるのか、とか気になるところ。

 

あちらの学校では将来の職に関しての修行ができるんだよね。

主に、清掃業とか。

 

ビン回収業者の、ビン洗いとか。

洗車とか。

 

窯業なんてのは、特殊だよね。

 

うちの長男は、消去法で清掃業を選択してたw

 

障がいがあってもなくても、高校進学も高校を卒業することも義務ではない。

 

だから、ぶっちゃけて言うと、途中でやめてもいいと思ってる。

高校卒業してなくたって、死ぬわけじゃないし。

 

就職のときに、

「高卒以上」

て書くのも、ナンセンスだと思ってる。

 

学歴はさておき、本人のやる気と能力を見極めることが重要なんじゃないかな。

 

もちろん、専門職は除く。

 

経験をつんでいって、その道のプロになれる。

 

 

うちの長男、将来仕事する気がないようなので、なにか役割を与えようと思ってるんだけどね。

 

離れている時間が長いと、普段の様子もわからないし、見極めることもできない。

試しに、一年間分校してもらえると嬉しいなぁ。

 

難しいだろうね、やっぱり。

 

 

ただの願望です。

 

 

今まで、主に長男の進学に伴って引っ越しをしてきたけど。

奄美には家族では移らなかった。

 

仕事や、家。

生活が大変になることが安易に想像できたからね。

 

そして、次男にもしょっちゅう学校変えさせるのもかわいそうだしね。

 

各家庭、それぞれに悩んで悩んで、決めてる。

行政ももう少し、柔軟に対応してもらえるとありがたいよなぁ。

 

「前例がないので」

は聞きたくない。

前例がないなら、あなたたちがその前例をつくってください。

といういう気持ちでいっぱいです。

 

 

高校は3年間あります。

3年間、同じ学校じゃなくてもいいと思いませんか?

 

途中からの分校もぜひ許可してください。

そして、分校から本校への変更もできるといいよね。

 

 

分校にも、特別支援学校の教員免許持ってる先生の配置をぜひお願いしたいです。